夢を架ける

橋のある風景を日本PCTは描き続けます。